「綾部市文化協会後援」第四十回春の研修旅行 参加者募集 6月5日(木)JR綾部駅北口 7:30出発 バス2台    HP:綾部の文化財へ

「湖南三山の国宝・文化財を訪ねて」 綾部の文化財を守る会事務局:四方續夫氏

見学箇所等についてのご案内

 今回の春の研修旅行は久し振りに滋賀県を訪れます。滋賀県の国宝の数は56件で京都府、奈良県、東京都に次いで四番目に多い県であります。
 叉、湖南市は平成16年10月1日にかの東海道五十三次の石部(いしべ)宿(しゅく)のあった石部町と甲西町が合併したところであります。従って皆様にははじめて湖南市「湖南三山」の名を知られた方も多いと思慮しますが、三つの寺とも国宝の本堂を持ち叉、同じ天台宗の古刹でもあります。
 本当は秋に実施をしたいのですが、駐車場も二台の大型バスが駐車できるくらいで秋の紅葉のシーズンには道路が混み拝観できない場合もあり、春の実施となりました。住職様のお話によると、「六月五日頃は「さつき」のシーズンで愉しんで頂けるでしょう」との事であった。

 叉、各バスにはボランテア・ガイド(有料)を手配し十分に説明をして頂きますので楽しみにし、ご友人等お誘いの上、多数のご参加をお待ちしております。

西国薬師霊場第四十七番  岩根山 善水寺(天台宗)
(到着10時15分頃、出発11時5分) 到着時専門のボランテア・ガイドさん二名が駐車場に待っておられます。京都交通のバスガイドさんとペアーで号車毎に案内して頂きます。 この国宝の本堂をバックに写真を撮ります。ご住職様が在所の時にはご一緒に記念写真に入って頂きます。

善水寺の国宝の本堂全景

善水寺の由来
 善水寺は奈良時代和銅年間(708〜715)元明天皇の勅命により鎮護国家の道場として草建され、当時は和銅寺と号した。延歴年間(782〜806)傳教大師最澄上人、比叡山を開創され、堂舎建立の用材を甲賀の地(即ち今の湖南市、甲賀市)に求められた。材木を切り出し横田川(今の野洲川)川岸に筏を組み、いざ流し下す段になったが日照り続きのため、河水が少なく思うように材を流すことが出来なかった。

 傳教大師、請雨祈祷のため、淨地を探されたところ、岩根山中腹より一筋の光が目に射し込み、その光に誘われるまま当地に登られた。山中に堂、その東に百伝池あり、池中より一寸八分、(えん)浮壇(ぶだ)(ごん)(樹林の中の川底にあるという金砂、の意)の薬師仏を勧請され、その薬師仏を本尊として請雨の祈祷を修すること七日間、満願の日に当たって大雨一昼夜降り続き、流れの勢いのまま、材は川を下り琵琶湖の対岸比叡の麓に着岸したと云う。
 後に、京の都で桓武天皇御病の際、傳教大師、霊仏出現の池水を以って薬師仏の宝前にて病気平癒の祈祷を修すること七日、満行なってこの霊水を天皇に献上されたところ、御病気忽ち平癒された。この縁に依って「善水寺」の寺号を賜ったと云う。

一.本堂(国宝)
 南北朝時代、貞治五年(1366)再建、木造平屋建、入母屋造桧皮葺、桁行(正面)七間、梁間(側面)五間。出組(でぐみ)中備撥形間斗束(なかぞなえはちけいけんとづか)(のき)(まわ)りは蛇腹支(じゃばらし)輪付(りんつき)二軒(にけん)(しげ)垂木(たるき)
 天台密教仏殿(和様に中国からもたらされた大仏(だいぶつ)(よう)や禅宗様の要素が持ち込まれ新和様と云う形式となっている。)は前二間通りが礼堂(外陣)、中二間通りが正堂(内陣)後一間が後戸、後戸には五間巾の張り出しが付いている。礼堂の周囲は、内開きの(しとみ)()。正面に向拝(こうはい)(本堂正前の張りだし部分)を持たないため美しい屋根の曲線が覗える。礼堂内部は、中央の二本の柱を省略しているが、通常は(こう)(りょう)を前後方向に架けるところ、桁行方向に三間巾で大虹梁を架け渡している。更に通常の梁の位置は華麗な彫刻の施された拳鼻が設けられている。この寺本堂内外には「本尊薬師如来」をはじめ三十余躯の仏像を安置している。

一.金銅釈迦誕生仏 一躯 天平時代(以下全て国の重要文化財)

一.本尊薬師如来  一躯 藤原時代 正暦四年(994)の銘あり(秘仏)。

一.梵天・帝釈天  二躯 藤原時代

一.四天王     四躯 藤原時代

一.僧形文殊菩薩  一躯 藤原時代

一.不動明王    一躯 藤原時代

一.()(ばつ)毘沙門天  一躯 藤原時代

一.金剛力士    二躯 藤原時代(2.5メートルもあり、旧二王門に安置されてたが、現在は外陣に安置)

一.持国天・増長天 二躯 藤原時代 (二天王、旧二天門に安置されていたもの。

一.銅造阿弥陀如来 一躯 鎌倉時代 (善光寺如来・元久三年(1246)県指定文化財)

一.聖観世音菩薩  一躯 藤原時代 (観音堂に安置されている市指定文化財)

一.十二神将   十二躯 鎌倉時代 (文永九年(1272)市指定文化財
 以上が指定文化財ですが、他に多くの仏像が安置されています。

一.(がん)三大師堂(さんだいしどう)
  江戸時代、正徳三年(1713)に再建。本尊元三慈惠大師良源大僧正の等身大の像を安置する。

一.観音堂
 元禄九年(1796)東尾観音堂  を中尾岩蔵院旧跡に移し、丈六観音  像を修理安置している。

一.行者堂
  明治九年(1875)飯道寺岩本院行者堂を移し、行者仏を安置している。

その他
一. 岩根山
  標高405.5メートル通称十二坊ともいい、この岩根山に十二坊があったと云う。

一.善水元水の霊水場
  百伝池に向かって右側に、今でも霊水がこんこんと湧き出ている。

一.百伝池
  善水寺の由来にも出ているが、百伝の池、ももって池に訓ず。岩根の池とも云う。

出発は11時05分時間厳守でお願いします。

昼食:鮎家の郷(野洲町)(11時55分〜出発12時55分)電話:077―589―3999

楽市売店(ご試食無料)、近江の民芸品、琵琶湖アートギャラリ等もお愉み下さい。滋賀県のお土産はここに全て揃っています。

近江西国観音霊場第一番 近江湖南二十七名刹霊場十五番
阿星山 常楽寺(天台宗)
(到着13時45分出発14時35分)
此処では各号車毎に記念写真を撮ります。ご住職が在所の場合は一緒に記念写真に入って頂けます。

常楽寺の本堂(国宝)と
左裏の三重塔(国宝)

阿星山 常楽寺(西寺)の沿革
 常楽寺は、十四世紀の二十八部衆造立勧進状によると、和銅年間(708)(ろう)(べん)が開基した()星山(せいやま)五千坊の中心寺院の一つであり、鎮護国家、鬼門除けのために元明天皇の勅令により創建された。
 平安時代後期、(ぎょう)(いん)が比叡山の末寺に位置づけたと考えられている。

一.
本堂(国宝)
 延文五年(1360)三月二十六日、火災で焼失し、同年に観慶(かんけい)により再建された(南北朝時代)。本堂は桁行七間、梁間六間、屋根は入母屋造の桧皮葺です。
 本尊の、秘仏・千手観音坐像(国重文)は寄木造りで、本手と脇手と合わせて四十手もあり、両側に二十八部衆(国重文)は三尺像で檜材・寄木造・玉眼の入っている彩色像です。叉、風神・雷神(国重文)の三十躯の群像が祀られています。(注、風神、魔喉羅迦(まごらか)王は盗難にあい現在は二十八躯です。)本堂裏側の外陣に安置する釈迦如来坐像(国重文)は寄木造・皆金色で藤原時代の特色を現している。金銅(おん)食器(じきき)・銅飲食器・金銅火舎(かしゃ)(香炉)は藤原時代のもので国重文です。

一.三重の塔(国宝)
 三間本瓦葺,総高77.88尺(約26メートル)。屋根瓦に「応永七年五月(1400)の箆書(へらがき)があることから、建立はこの頃と推測できます。塔の初層内の(しゅ)弥壇(みだん)(仏壇)には釈迦如来坐像が安置され来迎壁には釈迦説法図、四天柱は諸菩薩、内法壁は真言八僧図、十王図が描かれています。良弁僧正が所持した(しゃく)(じょう)(国重文)もあります。

一.山門
 豊臣秀吉が伏見城築城に際し伏見に移し、更に毛利輝元により伏見城から園城寺に移築された。現在の山門は、その後に建てられたもの。

一.(さん)(しょう)神社(じんじゃ)
 常楽寺の護法社であったが、明治の神仏分離令により独立している。 三聖とは三王三聖のことで、延暦寺の護法社である日枝大社(山王社)、三社の総称であり、日枝大社の分霊社で見事な舞殿と本殿がある。

一.近江西国観音石仏
 一番から三十三番と番外一つの石仏が本堂、三重の塔の周囲に祀られている。見て廻る時間はとても無いが第一番の石仏は三重の塔の下にあるので見れます。


阿星山 (ちょう)(じゅ)()(天台宗)
(到着14時45分〜出発15時35分) 駐車場から徒歩にて長寿寺(東寺とも呼ばれている)の山門をくぐり、左手一段上の道には長寿寺の鎮守社であった、白山(ひめ)神を祀る白山神社(室町時代・拝殿は国重文)を見ながら、叉、途中にある、市指定文化財の巨大な聖武天皇の菩提を弔う鎌倉時代の「石造多宝塔」みながら国宝の本堂へ向かいます。この国宝本堂をバックに全員で記念写真 此処では号車別に記念写真を撮りますご住職様在所の時はご一緒に記念写真に入って頂きます。

長寿寺の国宝の本堂

創建 奈良時代の天平年間(729〜749)中に、良弁僧正が建立した勅願寺で「阿星山常楽寺」と同様、阿星山五千坊の一つ。いわれは、当時の聖武天皇が大仏造営のために、紫香楽宮に遷都されていた折、世継ぎがなかったので良弁僧正に祈請を申し伝え、良弁が阿星山中の瀑布に籠って祈願したところ、まもなく皇女が降誕されました。そこで天皇は、紫香楽宮の鬼門にあたるこの地に七堂伽藍、二十四坊立派な寺を建立し、皇女降誕に因んで子安地蔵尊を行基菩薩に刻ませて本尊とし、皇女の長寿を願い、長寿寺という寺号を授けたことが始りとされています。中世、源頼朝,足利氏らの祈願所にもなっていましたが、織田信長の手によって、三重塔は安土城へ、楼門は栗東市の蓮台寺に移築され現代にいたっています。

一.本堂(国宝)
 創建時の本堂は一度焼失しましたが、鎌倉時代に再建されました。桁行五間、梁間五間、屋根一重寄棟造、向背三 、皮葺、四面回廊と、天台伽藍には珍しい建築です。中央三間は(さん)唐戸(からと)の入口、左右に連子(れんじ)(まど)(和様の窓)、内部は正堂と礼堂とに分かれ、奥行きの深い堂を構成している。本堂内部の春日厨子は文明十二年(1480)に作られた国宝で秘仏の木造子安地蔵を安置している。50年に一度2日間のみのご開帳である。向かって左の釈迦如来坐像(国重文)は藤和時代、皆金色、寄木造、1.77メートル、左手の阿弥陀如来坐像(国重文)1.42メートルを祀る。

一.収蔵庫
 本堂右手に近年建てられもので内部には座高約3メートルの丈六阿弥陀仏坐像(国重文)やその他の藤原時代の仏像や国重文の絵画等が納められている。

一.弁天堂(国重文)
 桁行一間、梁間一間、屋根一重入母屋造、唐破風付桧皮葺のほぼ真四角なお堂で、小さな造りですが本格的な構造です。
 正確な建立年代は不明ですが,内部から発見された刷毛書の墨書には(十六、十二月)とあり、地中から発見された瓦に「文明六年」の銘もあり、建築家の意見も踏まえて、今では文明十六年(1484)」に建立されたものとされています。

「綾部市文化協会後援」第四十回春の研修旅行参加の案内
 今回の研修旅行は「湖南三山の国宝・文化財を訪ねて」と称し、出来るだけ多くの方にご参加頂きたく京都交通貸切バス担当にお願いし、バス二台の運行を検討し、物部方面、上林、山家方面へもバスを廻しますので申し込みをお待ちしております。

    記

一、期日 平成20年6月5日(木) JR綾部駅北口 7:30出発
二、集合場所・時間は乗車場所により違いますので、出発時間より10分ほど早めにご集合をお願いします。
三、見学箇所 
湖南三山善水寺、常楽寺、長寿寺
四、参加費 お一人9,000円(貸切バス代、昼食代、拝観料、心付、手造り記念写真代を含みます。)
五、募集人員 90名(京都交通大型貸切バス2台予定
六、申込方法 5月16日(金)までに参加者全員の〒番号・住所・氏名・電話番号・乗車地を必ず記入し、葉書等で申し込み下さい。但し、満員になり次第締め切ります。叉、電話での申し込みはお断りします。
七、申し込み先:〒623―0004 綾部市多田町後路28番地 四方續夫宛
八、受付と出発案内は葉書でお知らせします。尚、この会報六十六号を持参し、ご参加をお願いします

 研修旅行日程表 参加者の便利をはかり、バスには近くでお乗りいただけます
@号車:綾部・白道路公民館=物部バス停たきたて前=新庄バス亭=JR綾部駅
        6;50     6:55    7:00   7:30
A号車:綾部・大町バス停=井根口バス停=十倉バス停=JR綾部駅北口合流=
        6:35  6:45   6:55    7:30
=綾部大橋バス停=山家バス停=やまがたや(休憩)=京都縦貫道=京都南IC=
  7:35   7:40 8:15〜8:30
=菩提寺PA休憩=竜王IC=善水寺(本堂)=====鮎家の郷(昼食)=====
9:40〜9:55  10:15〜11:05 11:55〜12:55
常楽寺(西寺)=====長寿寺(東寺)====栗東IC草津PA休憩===
1:45〜2:35 2:45〜3:35      3:55〜4:10
=京都南IC==京都縦貫道=やまがたや休憩==山家バス停=綾部大橋バス停=
           5:20〜5:35 6:10頃  6:15頃

=JR綾部駅北口 @号車=新庄バス停=物部バス亭=白道路公民館
  6:20頃      6:40頃 6:45頃  6:50頃
         A号車=十倉バス停=井根口バス停=大町バス停
                   6:50頃  7:00頃   7:10頃