四方事務局長からMLされました、ホームページ倫理委員会の概要です。
 綾部の文化財を守る会のホームページ立ち上げを、創立35周年の記念事業として
実施しました。綾部の文化財についての情報発信が、開始されましたことに感謝しています。

 ホームページ「綾部の文化財」は、学術的な文化財の紹介にとどまらず、
まちづくりの一端として、人々との交流のあるものにしたいと念じています。
 取材に当たっては、人の存在する内容となりますよう留意しています。
掲示板画像掲示板投稿写真ギャラリーなどの交流ページも設けています。

 会員に提供される会報(機関誌)と異なり、HPは、広く一般に公開されているものですから、
倫理委員会を設けました。あくまで自主管理、相互管理の原則の延長にあるものです。

1.情報公開と私的情報の秘密厳守の両原則を尊重します。
    個人的なプライバシ−尊重、携帯電話番号などは記載しない。
    役員名簿は記載しますが、会員名簿は非公開です。

2.公序良俗に反するものを排除します。
  性的、風俗、出会い系などのサイト、過激な宗教サイトなど

3.会の目的に合わないサイトも投稿などをご遠慮ください。商業的なサイトなど

4.いわゆるチャット(おしゃべり)での利用もご遠慮ください。

5.紳士的な交流につとめ、個人攻撃、中傷などはご遠慮ください。

6.HP作成に当たり、差別用語、不適切な言葉使いをチェックします。
    ただし歴史的事実として引用文献の中にあるものについては、注記の上で記載します。

7.記述事項の正確さを心がけます。現地関係者からの資料確認、
  会報「綾部の文化財」記事からの資料確認と共に
  綾部市資料館、綾部史談会の先生方などに、ご指導いただいています。

8.資料の引用公開に配慮します。会員研修に資料コピーを使うこともありますが、
  HPとして収録公開するには、作成者の一定の了解が必要です。

9.神社仏閣など取材先(HP公開先)にも、公開のことをお知らせします。
 
あなたの街の、お地蔵さんや鎮守の森、お祭り風景などをご紹介ください。