南泉山 照福寺(臨済宗妙心寺派・綾部西国観音霊場第五番・聖観世音菩薩)
丹波山家・国指定名勝・照福寺庭園       山家 鷹栖町   綾部の文化財一覧表へ  綾部の文化財
「照福寺々歴」
 当寺は文安二年(1445)山家城主和久氏の菩提寺として創建され、万山全重和尚を開山とする。臨済宗妙心寺派に属し、はじめは市内の広瀬町城山の甲ヶ峯(今その跡を照福寺ヶ成るという)にあったが、明知光秀の兵難によって破壊され、和久氏の断絶と共に東山町に転居した。寛文二年(1662)に家老佐原与左衛門の尽力により、城主谷出羽守衛廣公から現在の鷹栖町の境地に寄附造営され現在に至っている。ご本尊のお釈迦様を祀る現本堂は昭和51年に再建された立派なもので天井には素晴らしい龍の絵が描かれています。

北庭々園」(含勝庭)

 この庭は本堂及び書院の北面にあり、天保十四年(1843)に作られた築山林泉式の枯山水庭である。庭石は地元産出の山石を充分に用い、や々厳しい手法を以て作庭されている。その形態と手法は江戸時代末期の特色をよく表している。
 北西隅の築山に枯滝口を表わし、東に向かい序々に低い築山を連ねている。書院に面しいま一つの滝口があり、石橋が渓流を渡る。鶴島に対する亀島は二つの築山の裾を長く岬のように手前につき出して島のように見せ、庭の西側と外界と境する修景としている。
 築山の裾をめぐって流れを表現し、本堂書院は飛石で連絡され、更にそれは石橋を渡り築山に廻遊出来るようにされている。
 古庭園を残していない丹波・丹後に、作庭年代が明らかであり、形態も完全に作庭当初の姿を保つ貴重な存在である。昭和45年9月17日「照福寺庭園」として面積2167.03平方メートルが国指定名勝となった。
生々苑(せいせいえん)

 古庭園の厳しい趣に対して、本堂西側に作られた生々苑は、幾分柔らかさをもたしめた庭である。仏に礼拝してくつろぎの気分で親しみやすくとの配慮からである。庭石は住職が岐阜方面より集めたものに、地元山地の丹波石を用い昭和42年秋より翌年にかけ、大阪芸大教授中根金作先生の設計監督により作庭された。
 庭は正面に三尊石、右手に低い滝口を組み、そこから流れ出た渓流が三尊石の前をうねって流れる枯山水庭である。流れの中に陰陽石を据え、法灯の永劫を祈る表現とされている。特に、秋の紅葉は美しいものです。

観庭(しんかんてい)

 本堂前の広場の一角にあるこの庭は聖観音堂供養の庭である。真観庭は観音経の「真観清浄観」より引用された。これは「生々苑」と共に京都の南禅寺管長柴山全慶老師により命名された。この庭も住職の集めた庭石をもとに生々苑と同時に中根先生により作庭された。参道を挟み化粧砂の中に点々と七五三に配置された庭石は、観音の慈悲に伏す善男善女の姿と見てよし、更に一歩を進めて、観音を中心として点坐した諸仏聖と判断されてもよい。
 石庭の配石は本堂前の空間を,相異なった姿の石で、相互に力を引き合って調和を保つ和の集団と考えて行われている。

登りぬる 山は南の 泉とや ふだらく山の 流れなるらん

 ちなみに、御詠歌の「ふだらく山」というのは、華厳経にも書かれている観音様のお住まいの聖地のことを指します。
又、堂裏手には三十三体の石観音様もお祀りされています。  住職 和久 弘昭

その他
駐車場は乗用車のみ八台可能です。大型バス、マイクロバスは国道二十七号線沿いのJA支所前に駐車、徒歩五分です。本堂内からでないと「北庭々園」「生々苑」の観賞は出来ません。志納料お一人三百円です。出来るだけ事前に電話し、参観を予約される方が良いでしょう。

照福寺の電話番号:0773−46−185
春の「北庭々園」、秋の「生々苑」の紅葉は誠素晴らしいものです。見学所用時間
30分から人によっては60分です。住職又は奥様が案内されます。文化財を守る会事務局担当。