篠田神社  元旦初詣  志賀郷 篠田町  綾部の文化財一覧表へ  綾部の文化財  

大鳥居 常夜燈 由緒書き 洗心 狛犬  燈籠
篠田神社 拝殿 本殿  拝殿 燈籠  府文化財案内板
元旦 初詣 参拝の人々
志賀の七不思議と「竹の子さん」の縁起
その縁起
 今からおよそ1400年前の崇峻天皇の頃、大和朝廷は国の中心勢力を固めるため、金丸親王を遣わし、丹波の国々の地方豪族を征伐することになりました。すさまじい戦いに悪戦苦闘の末、ようやく丹波の国々を平定した金丸親王はおおいに喜び、これ一重に神仏のおかげによるものと、丹波の国々に七仏薬師如来を納め、国家の安泰を祈りました。
 また志賀の里の「藤波」「金宮」「若宮」「諏訪」「向田:後の篠田」の五つの社を厚く信仰されたということです。
 親王の子孫、金里宰相は、この五社の大明神に千日参りをされ、これを記念して藤波大明神には「藤」金宮大明神には「茗荷」若宮大明神には「萩」諏訪大明神には「柿」向田大明神には「竹」をお手植えされ、国家の安泰と子孫の繁栄を祈願され、このことを大和朝廷に報告されました。
 この時以来、この志賀の里にいろいろ不思議な奇瑞があらわれるようになったということです。
 なお、この五社のほかに、向田の「しずく松」「ゆるぎ松」にも同時に不思議な霊験があらわれ、これらをあわせ「志賀の七不思議」として今に語りつがれています。
その奇瑞  篠田神社=向田大明神の「竹の子さん」
 毎年旧暦の正月四日になると、日の出より八時までの間に、神殿裏の「御ミノシベ」と呼ばれる竹林から、竹の子が三本出るのです。
 これを神前に供え、その竹の子の出る場所、その育ち具合いから、その年の稲作の早稲(ワセ)中稲(ナカテ)晩稲(オクテ)の吉・凶を占うのです。
 この神事は、今も新暦の2月4日に「筍祭 祈願祭」として行われ、地元の人からは「タケノコさん」として親しまれています。
 つい最近まで、氏子の人、数人が三日間、籠堂に泊まり。日に三度づつ氷のように冷たい篠田川の水を浴び、行をとってきましたが、今は取り止めになっています。是非一度、節分の日に、お詣りください。 志賀郷公民館

指定文化財 京都府指定文化財 篠田神社本殿 建造物 1棟 室町時代
篠田神社本殿 府指定文化財  左側 右側を写す 御ミノシベ 竹林
八幡宮 廣嶺神社 愛宕護大神 天照大神宮 春日明神 籠もり堂
篠田神社鳥居建設碑  会報35号 平成4年8月20日より
 大正八年本村初メテ各戸二電灯ヲ設ク、我が遅 婦人会ハ之ヲ機トシ家業ノ余暇ヲ以テ縄ヲ ヒ各員毎月弐把ノ代償ヲ共同二貯フルコトヲ協議セリ、其ノ頃、余ノ為セル伊賀ノ模範村玉滝村婦人会ガ縄 ニヨリ立派ナル寺ヲ建立セシ美談二感動シ協力鍵続今日ニ至ル、其の間拾余年資金ハ積ンデ意外ノ額二達セリ、時恰モ御即位礼行ハセラルルノ秋、当氏神ノ造営成ル。同会ハ此金ニテ鳥居ヲ奉献シ、以テ御大典ヲ奉祝セントシ慈ニソノ工竣レリ、当区民其ノ業ヲ賛美シ之ヲ永遠二伝へンタメ此碑ヲ建ツルモノナリ   北原興市選 遅  区   昭和3年10月 (御製略)
所在地は篠田町篠田神社石段左側に建立
筍占い 志賀の七不思議 (志賀郷町)
 最も古く、かつ素朴な農耕神事の姿を今に伝える、篠田神社の 「たけのこ祭」は、
二月四日、寒中にとりおこなわれる。 丹の国綾部 ホトグラフィ インあやべより