楞厳寺 豊里 館町  綾部の文化財一覧表へ  綾部の文化財

塩岳山(えんがくさん)楞厳寺(りょうごんじ)高野山真言宗
天平年中(729−48)林聖上人の開創にかかる楞厳寺は、もと吉祥院と称していた。
幾多の時代変遷と再三の兵火により、寺坊はほとんど焼失している。殊に建武四年(1337)の乱により広大な寺領が奪われた記録が、貞和五年(1349)の敷地紛失状である。
また江戸時代初期の筆と考えられる楞厳寺縁起は、当寺の伽藍および宝物について記されている。
現在の本堂は、元禄十六年から宝永五年(1708)にかけて建立されており、庫裡宝歴八年(1758)のもので、内部の*絵は、長井一*画伯筆の*絵で知られ、四季に分けて三十面に描かれている。
境内の菩提樹百日紅椿三古木として知られる。
指定文化財 重要文化財 絹本著色不動明王像 絵画 1幅 鎌倉時代
綾部市指定 絹本著色釈迦十六善神画像 絵画 1幅 南北朝時代
綾部市指定 敷地紛失状 古文書 1通 南北朝時代
綾部市指定 大般若経と経櫃 書跡・工芸品 181巻1合 藤原〜桃山時代
綾部市指定 楞厳寺縁起 古文書 1巻 室町時代
塩岳山 楞厳寺
本尊 薬師如来
本寺は真言宗高野山派に属し、聖武天皇 天平年中(729−48)林聖上人の開創といわれる。
建武四年(延元二年1337)兵火に見舞われ広大な寺領を奪われ、***
会報27号 昭和63年10月5日  綾部市指定文化財(63年度分)
楞厳寺縁起 一巻
 帽20p、長182pの巻物で、応仁の乱後、室町幕府の統制が無力化し、諸国の群雄割拠して相争う下剋上の社会、即ち戦国時代に初期延徳元年(1489)、荻野大槻訴訟といって、守護代上原豊前守父子へ謀反を企て位田城に立てこもった。
 これを鎮めるため、丹但備摂十三ケ国の軍勢が攻め寄せ、楞厳寺へ乱入し、資材を奪取、又陣屋にして山林仏閣等悉く破壊したなど、位田の乱についての史料や、楞厳寺再建に至る経過や勤行などの次第が詳しく記載されている。
 縁起の部分については、綾部市史史料編42頁に掲載されている。記録された年代は不明である。