於与岐八幡宮  八田 於与岐町 綾部の文化財一覧表へ 綾部の文化財

当社は、社伝によると和銅三年に九州宇佐八幡宮より分霊を勧請し、於与岐の入口、一ノ瀬に鎮座、もとは味方村以北七ケ村の総社であったが、天文十九年(1550)の大洪水で社殿等悉く流出、また嘉吉年中にも火災で焼失、正徳五年(1715)に現在地に再建され、以後、於与岐村の氏神になったと。
 本殿は、京都府下では例のない六間社流造の建物で、平面で見ると中央に柱がたつので、三間社を二つ並べた形とも見られる。
 身舎・向拝の蟇股は足元が大きくふくらみ、松、菊、牡丹などの彫刻を入れ、向拝部にも唐獅子牡丹の欄間彫刻をはめ込んでいる。
 大工棟梁は、若狭大飯郡日置村一ノ瀬作太夫で、彫物師は桑田郡余野村一ノ瀬弧一之助である。
 当社に伝わる祭礼芸能は、氏子の株組織と密着して宮座の形式をとって伝承されてきたもので、獅子舞鼻高および田楽から構成される。獅子舞は二人立ちで伎楽系のもの、鼻高天狗の面を着け、鈴の着いた木鉾を持って舞う王舞田楽はビンササラ1、太鼓3の編成で、御輿の御旅を囃しながら先導する。
 いずれも風化が著しいが、王舞・獅子舞・田楽をセットとするこの祭礼芸能は、鎌倉時代に京都を中心に盛行したその形を伝えていて貴重であり、無形民俗文化財に指定されている。
指定文化財 京都府登録文化財 於与岐八幡宮本殿 建造物 1棟 江戸時代
京都府登録文化財 於与岐八幡宮の祭礼芸能 無形民俗文化財 鎌倉時代
京都府決定 八幡宮文化財環境保全地区 環境保全地区