熊野神社 元旦初詣風景  志賀郷 別所町   駒札一覧表へ  綾部の文化財へ

鳥居 燈籠 駒札
熊野十二所権現像
当熊野神社と隣接する別当寺の願成寺には、藤原(平安)時代の作といわれる熊野十二所権現の本地仏が分置されている。藤原時代に流行した浄土教の影響で、紀州の熊野神社に十二所の本地仏が定まり、永暦年間(1160〜61)京都に新熊野神社として勧請され、王城鎮護の神として祀られた。吾雀荘(あすずきしょう)志賀郷は、その荘園として寄進され、守護神として別所熊野神社に十二所権現像が祀られたのである。 綾部市観光協会 綾部の文化財を守る会

指定文化財 綾部市指定 木造熊野十二所権現木造菩薩形立像 彫刻 4躯 藤原時代
綾部市指定 木造熊野十二所権現木造僧形立像 彫刻 2躯 藤原時代
燈籠(神殿前) 神殿 摂社
初詣 ご家族参拝風景