会報第40号 平成7年4月15日
(資料紹介)
福田神社発見の棟礼と鬼面 綾部・大島町  故山下 潔巳氏    綾部の文化財

 大島町福田神社の境内にある輿庫社倉が、境内整備の一環として解体整備されることになり、さる2月19日梅原三郎先生と二人で両庫の整理に立ち会った。
 8時に新庄宮司の修抜、奉告祭のあと倉内の神輿祭礼用具などが社務所に移され、後に残った物の整理を行ったが、その中に棟札が三枚と鬼面(木製)が発見された。
 それについて資料提示と、若干の考察を試みて見たい。
棟 礼
 @ 右半分のみ、文化九年の墨書銘があるが、建物の名称は不明。世話人として勘右衛門他6名の名が見える。
 A 輿車の棟礼で、大工大島村利右衛門大旦那吉兵衛定家他1名、勧道者氏子中とあるが、年代は不明である。
 B 世話方、政右衛門他3名の願主名があるが、年代や対象物件は不明である。
神 輿
  あまり大型の神輿ではないが、この神輿吉美高倉神社の輿を譲り受けたと伝えられている。
鬼 面
福田神社の鬼面
松材らしきものの片面に写真のような鬼の顔を彫ったもので、その用途については、まったくわからなかった。
疫呻社(祭神:素佐之男神)

ところが、偶然書店で朝日新聞社刊の「日本の歴史」別冊に「ゑきれいよけ」という鬼面の写真が載っていた。
  内容は「むかし正治二年(1200)ゑきれいがしきりに流行したので、佐渡にある鬼面明呻のお姿を門口に張っておいたところ、その家にはえきれいが入らなかった
と古老が言ったという。
 安政五年に正治年間のごとく流行して人民大いに苦しんだので、昔の鬼面の図を摸写してゑきれいを病む者を平癒なさしめ、ゑきれいを除けるの一助とするのみ」とかかれていた。
 十分な検証を経た結果の証明ではないが、福田神社の境内には市内唯一疫呻社が祭
られていることから類推すると、あるいはこの面はゑきれい(疫病)除けとして疫冲杜と何らかの関係があって、ここに保存されていたのではないかと思った次第である。
 鬼面について知見をお持ちの方はお教えいただきたいと思います。    以上




福田神社鳥居 かや、けやき 古名木のある境内 福田神社本殿
福田大明神を祀る福田神社稲荷神社疫呻社の他に境内小社として、梅の森神社和田森神社岡の森神社八幡神社大将軍神社の小社が建つ。境内は中筋古名木かや樹周2.55m高27m、けやき樹周3.0m高30mなど鬱蒼とした森の中にある。
福田神社 祭神:火産霊神植山比売神
この神社は延喜年間(901〜923)に創立されたと伝えられ、昔この地が志麻郷と呼ばれた頃から、約千年を経て現在まで氏神として崇敬祭祀されてきた。
現本殿は寛永14年3月17日(1638)大志万勝兵衛景次によって造営されたが、三百五十余年を経て、いたみが激しくなったため、平成6年8月社殿修復、覆屋改築を完成した。
境内社六社のうち、岡の森神社梅の森神社和田の森神社大川神社は、古くから村の各所の守護神として祀られていたが、江戸時代末期から明治初年にかけて現在地に転祀された。平成6年10月 福田神社社中
梅の森神社 内山田の上に建つ、現在お旅所付近
祭神:猿田彦神
猿楽梅若氏とゆかりの神社と伝えられている
ご神徳:特に交通安全芸能文化
由緒:能楽の名家梅若氏の先祖、梅津氏承平年間(931〜937)丹波に移住し、何鹿郡志麻荘大島安場)を領した時期、京都太秦梅若大社から分霊をいただき、祭ったのが始まりと伝える。
場所は、現お旅所に鎮座されていたが、明治初年、現在地に移された。現社殿は延宝4年(1676)建築によるが昭和59年(1984)改修した。
和田森神社 北和田に建つ
祭神:綿津見神
岡の森神社 岡の段に建つ
祭神:若彦霊神
大川神社 穴見に建つ
祭神:大山祇神
八幡神社 山田の上にあり
祭神:応神天皇
疫神社 祭神:素佐之男神
大将軍神社 桶井に建つ
主祭神:盤長姫命
御神徳:無病息災、延命長寿、方除け、地鎮祭ー良縁、安産、繁栄、招福
この神社は江戸時代からこの村の北の守り神様として由良川の「大嶋港」現JRの近くに祀られていたが、江戸末期の度重なる大洪水によって倒壊流失した。この度、本社京都西賀茂大将軍神社」より御分霊をいただき、社殿覆屋を建設してここに境内社として再建鎮座した。
稲荷神社 祭神:宇迦能御魂神
ご神徳:特に稲作商売繁盛
由緒:創建は不詳なるも古くから大島村森下の森の中に鎮座されていたが、平成4年12月、由良川堤防広域農道建設のため、現在地に移転遷座した。風格のある建造物として定評がある。祭神は天保15年(1844)伏見稲荷大社から分霊をいただきお祭りしたものである。
稲荷神社鳥居 稲荷神社 稲荷神社本殿
稲荷神社 きつね 古名木の境内 鳥居 石灯籠
梅の森神社 大将軍神社 和田森神社 八幡神社
岡の森神社 大川神社 ご参拝の作法 手水のつかいかた
福田神社本殿覆屋 お地蔵さん 砂防指定地 宮谷川 砂防ダム
福田神社行事 福田神社祈祷
正一位稲荷神社
大将軍神社 梅の森神社
国家安泰、世界平和祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣、商売繁盛、入学試験合格、家庭災厄清祓、厄除祈願、交通安全、自動車清祓、所願成就祈願
宮司 大島 基(42−3987)
歳旦祭 1月 1日 秋葉神社祭 4月下旬 宵宮 第2土曜日
お日待ち 1月12日 夏祭り 7月上旬 山の神神社祭 11月下旬
節分祭 2月 3日 お日待ち 9月12日 稲荷神社祭り 12月下旬
祈年祭 2月11日 秋祭り 10月上・中旬 神渡式 12月中・下旬
取材記:彼岸の好天気の中、長福寺と源頼光の伝説のHP校正を持って、新庄町西田好三先生宅に行き、この福田神社の所在地を地図(ぜんりん住宅地図?)で調べていただいたが分からなかった。大嶋文隆会長宅は記載されていた。帰りに栗町にある九鬼藩郷学校廣胖堂蹟に寄るべく、所在地を若い人に尋ねたが分からず。年配の人に尋ねて教えていただいた。次に福田神社を探して中筋小学校前の小川沿いの道を走り、5人連れの墓参途中の人(比較的に若い方)に訪ねたが、寺は知っているが神社は知らないとのことであった。小学校の方に少し行くと甲ケ岳の方に開けた道があり、鳥居が見えた。行ってみると福田神社であった。彼岸の故か取材中、人気の全くない荘厳とした神社であった。誰とも話せず「文化財と人とのふれあい」の趣旨に添わない取材となった。最近は?若い人に社寺の所在を尋ねても知らない人が多いように思える。